天気がさぁ

SRV250S

昨日はあんなに天気がよかったのに…
でもお勤めがあったから乗れなかったのに…
今日は天気がイマイチだよーん。

はーあ
やんなっちゃー
やんなっちゃーからSRVのオイル交換行ってこようっと。

店についたらなんとだーれもいない。
なんとタイミングよい。
こいつは幸先いいぞ。
さくっと作業開始してもらった。

ら…

爆音とともに高そうな大型の外車を転がす若いカップル登場。
あらーなんか服とか装備も高そうな感じ。
試乗車のこれまた高そうな大型のアドベンチャー的なのを前に
営業さんと談笑してる。

ああ…人生楽しそうだなぁ…。

うーんなんだろう。
このそこはかとない敗北感。

その後もピッカピカのブサとかデイトナとか続々やってくる。
みんな金あるなぁ…。
もうダメだシッポ巻いて逃げよう。

ああ…なぜだろう…景色が滲んで見え…るなんてことはないけど、
ちょっとああいう場所はメンタル的に危険なので
もう行くのやめようかなと本気で思った。

そのままちょっとぶらぶら。
シフト軽くなってエンジンも機嫌良くなったような気がする。

帰ったらバラを1本移植。
こないだ買った苗はまだ動き無し。
古くなったカーペットはひっぺがして。
休み終わっちゃった。

はーあ…
遠い目しちゃうわ。

てかいつの間にかバイクも金持ちの道楽になってたんだな。
なんかそんなんばっかし。
友達や先輩から安く譲ってもらって、
ガムテープ補修で軍手で乗るような時代なんか
いつの話だよってことか。

最初のバイク何がいいかな?なんて
「とにかく乗りたいけど金無いから安くて手近にあるもの」だったのに。
乗りたい、走りたい、という気持ちこそがすべての原動力だった。

「バカの乗る乗り物」ってホント同意。
計算じゃ乗る意味ないよなあ。
いまだに馬鹿者。
やんなっちゃう。

あ、いや、そうじゃなくて何が言いたいかってーと。
もっとみんな気楽にバイク乗ればいいのになって。
情報だらけになって損得がわかりやすくなってどんどん均一化して…
なんか攻略本見ながら最短で真のエンディングに行くっていうか…
なんかもっと寄り道したっていいのになー。
気楽にゆるーくていいのになー。
そんなんじゃダメなんかな。

あ、フクロウ鳴いてる。
かわいいなー。
この声大好き。
なんか落ち着く。
そういや驚いたことに昨日ツバメ来てたな。

ってもう何がなんだかなんなんだか。
まあいいや。

タイトルとURLをコピーしました