SRVリア周り

SRV250S

さてさて、今日からはリア周りやりますよっと。

まずはスイングアーム取り外す。
ピボットのゴムのカバーを外したら、TONEのブレーカーバーに22mmソケットを付けたのちおもむろに鉄パイプかましてぐいっと。

ほんでナット外したらピボットシャフトに棒を当ててプラハンでコンコンと叩いてシャフト抜く。
リアショックも10mmボルト上下を外してバラバラに。

いやあさすがにきったないなぁ…(汗
チェーンルブがでろでろですわ。

ありゃ。
いつの間にかセンタースタンドもサビサビだ。
フロントブレーキといい…カバーかけっぱなしってのも湿気がこもって良くないんだなこりゃ。

例によってテキトーに錆び落としてテキトーに養生してテキトーにシャシーブラックぷしゅー。

あっ!
チェーンカバーの裏もサビが出てる…orz
これもテキトーに錆び落としてシルバーのホイールペイントでテキトーに塗っとくべ。

塗料が乾くの待つ間にきったないチェーンルブどうにかせんとな…。
とりあえずチェンジレバー外してさらにスプロケットカバー外す。

げんなり…

眺めていてもキレイにならないから頑張ります。
よく接着剤に添付されてるPPのヘラと灯油に浸した歯ブラシで格闘。
ちなみにカバー側のチェンジレバーシャフトが通る穴にはベアリングがあるっぽいので、ウエス突っ込んで養生しておく。
ほんでもうひたすらシャカシャカシャカシャカ…

頑張った!
頑張ったよ俺!

てかSRVのスプロケットカバーって、えらい手間かけた造りになってるのね。
あの柔らかい曲線出すためにこんな金型起こしたってことだよね?
やっぱヤマハだよヤマハ、ヤマハしかないねデヘヘ。

続いてハブダンパーとスプロケを交換。
ハブダンパーは意味があるかわからんけど、アーマオール漬けにしてみた。
新品ダンパだと、逆さまにしてもスプロケットが落ちてこないね?
数値以上に痩せてたのかな?

んーと次は…
ピボットシャフトとベアリングのグリスアップするか。
手がベタベタなので写真ナシ。

古いグリス拭き取って新しいグリス塗る。
なんとなく買ってみたオメガの青のグリスは超いいかも!
ステムベアリングもそうだけど、4年くらい経過してるのに全然カピカピにならない。色すら変わってない。
無くなっちゃったからまた買おう。

ぼちぼち手入れは終わりなので組付けを始める。
まずはスイングアームとショック。

続いて新品チェーン組付けの準備。
失敗すると面倒なので慎重に数えながら長さを揃える。
てか案の定ほとんど伸びてない…(汗
てかむしろ新品でもマニュアルの交換既定値より長い(汗

ふひー。
雨が降りそうだし、くたびれたから今日はこの辺にするかな。

あとちょっと。
あとちょっとだー。
後はリアブレーキ手入れしてホイール組んでチェーンをカシメれば終わりだよ!

それにつけてもSRV眺めながら飲むビール(もどき)の旨いことよプハー。
酒の肴はバイクかネコだと昔から相場が決まってるんでヤンス。

タイトルとURLをコピーしました