SRVセパハン化 完了後作業メモ

SRV250S

自分で何やったか忘れそうなので作業内容をざっくりまとめたメモ。

ハンドルの低さはこんな↓感じ。

もう少し下げてもう少し絞ればもっとカッコイイと思うんだけど、実際に走ることを考えるとこれくらいが限界(汗

用意したもの

※価格はおおよそ。2020年の初頭に準備。ほぼAmazon。

  • セパハン ハリケーン HS3805B-01 12,000円
    メッキか黒か迷ったけど渋めにしたくて黒。
  • ブレーキマスターシリンダー DAYTONA(NISSIN) 61740 11,000円
    ハンドルが垂れることにより、ノーマルのリザーブタンクだと水平が維持できずフルードが滲んで塗装がきちゃなくなるので交換。
  • リザーブタンク ACCOSSATO 400-FU025H.012 3,500円
    どうしても白いプラスチックのリザーブタンクがしっくりこなくて交換。
    本当は真っ黒が良かったんだけど欠品(汗
  • ミラー タナックス AP-101 2個で5,200円
    低くしたかったのでバーエンドミラー。バーエンドは選択肢が無さすぎ…
  • 汎用スピードメーター ブランド・価格不明
    休眠中の他車に付いてたのを転用。
  • M6 40mmのステンレスキャップボルト、ナット、大きめの平ワッシャ 各2
    汎用メーターとリザーブタンクの固定用。
  • ルネッサ用クラッチケーブル 純正 4DN-26335-10 2,200円
    レバー側の湾曲したケーブルのガイド?がメーターに干渉するため交換。ルネッサ用はガイドが無くまっすぐになってる。
  • 既設
    フォークブーツ キジマ 206-014
    汎用ウインカー 1芯でボディアースて感じだったので線を追加した。

加工部分

トップブリッジのメーターステー?の根本。
セパハンをトップブリッジすぐ下に付けると、ここがセパハンのクランプと干渉してしまう。
厚さ1mm程度サンダーで削った。

ワイヤー類の取り回し

これが一番苦労した。
クラッチケーブルがルネッサ用、かつメーターが社外品という状況。

・スロットルワイヤ
標準ではメーター下のケーブルホルダ的な輪っかを通ってる。
→輪っかは無視してライトステーの下を通す。

SRVセパハン化 スロットルケーブル取り回し

・クラッチケーブル
標準ではレバー側のガイドで無理やり前に振って、メーター下のケーブルホルダ的な輪っかを通ってる。
→ルネッサ用に交換して素直に右の方に伸ばし、輪っかは無視してステム右側からフレームに流す。

SRVセパハン化 クラッチケーブル取り回し

・ブレーキホース
 標準はフォーク裏に回り込む感じ。
 →そのまま下に下ろす。さらにバンジョーの向きを逆にする。

SRVセパハン化 ブレーキホース取り回し

おおまかな手順

・クラッチケーブル交換
クラッチレバーからワイヤを外す。
リアバンクのエキパイの遮熱板?を取り外す。
ワイヤーのガイドがボルトでエンジンに固定されているので外す。
ワイヤー抜き取る。
ルネッサ用のワイヤを逆に流し込む。

・ブレーキマスター切り離し
フルードがかからないようにハンドル・タンク周りを養生。
リザーブタンクを水平にしてからキャップを外し、タンク内のフルードを抜く。
バンジョーボルトを外してラップで養生。

・ハンドル取り外し
スイッチやレバーの固定ビスを緩める。
ハンドルクランプのキャップ ボルトを外す。
スイッチ、レバー類を抜き取る。

・トップブリッジ取り外し
ライトケース下側の2本のプラスネジでライトを外す。
さらにライト両側のキャップボルトと、角度固定ボルトの3箇所でライトケース外す。
メーター裏側の固定ナット外す。
メーター取り外す。(交換するので)
フォーククランプ部分のキャップボルト緩める。
ステムナットを外す。(インパクトだと簡単)
トップブリッジ外す。

・トップブリッジ加工
セパハンのクランプと干渉する部分を軽く削る。

・セパハン取り付け。
スイッチやレバー類をハンドルに通してからフォークにハンドルクランプを通さないと、長さが足りず難儀する。

・トップブリッジ取り付け。
重要な場所なのでトルク管理要注意。
ハンドルの角度を調整して固定。タンクに当たらないように。
ハリケーンのこのセパハンは、垂れ角を調整する場合、固定ボルトを完全に抜き取る必要があるのでちょっと面倒。

・もろもろ取り付け
ライトケース取り付け。
汎用メーターをM6×40mmキャップボルトと平ワッシャで固定。
クラッチケーブルと干渉するので、延長ステーで前にずらした。
スピードメーターケーブルを接続。
新しいブレーキマスターに新しいリザーブタンクを取り付け。
(このリザーブタンクはホースをつなぐニップルの締め付けが甘かった。この個体だけだと思うけど要注意かも)
ブレーキマスターをハンドルに取り付け。
リザーブタンクもM6×40mmキャップボルトと平ワッシャで取り付け。
メーター、タンク共に純正メーターを撤去した後のメーターステーの穴を利用。

・仕上げ
クラッチケーブル接続。
ブレーキホース接続。
ブレーキフルード交換&エア抜き。
ミラー取り付け。

以上。
かっこいいSRVの出来上がりウヒョー!!

タイトルとURLをコピーしました