庭で火遊びがてらエバニューチタンアルコールストーブ低温下燃焼テスト再び

おもちゃ

※結論 エバニューチタンアルコールストーブDXスタンドセットはマイナス2℃で340mlの湯は余裕で沸かせる。

せっかくの連休だしどこか出かけて焚き火キャンプでもしたいところだけど、やっぱり昨今の状況を鑑みて自粛。
かといって何もしないものヒマだから庭でこぢんまりと火遊びするよ。

ランタンも明るいガスじゃなくてほどよい灯油にしようと思ったので15年位前に買った安物を押し入れの奥から引っ張り出した。
いやん。なんだかいい感じ♪

出かけられないもんで「ぷち燃えファイヤー」の稼働率が上がってきた。
何しろちっこいから突っ込める薪が少ない=熱量も炎の立ち上がりも少ない=薪の消費も少ないと庭で遊ぶにはまさに、ちょうどいい。
最初はやらかしたかと思ったけど良かった(;´Д`)

二次燃焼面白いな。
ただ…燃やしたいからと調子に乗って薪を突っ込みすぎると、下からの空気の流れを阻害することになって煙が出るようになる。
薪が多すぎると熾火になってからも空気の通りが悪くて全体が燃焼しない…上側も酸欠状態になって燃えてない…これじゃグリルにならない…そして薪を追加したくてもなかなか嵩が減らない…。
炭を両側に寄せて中央から空気が抜けるようにすることにより状況改善した。

つまり空気の流れを維持するためには、開放型の焚き火台よりもこまめに面倒を見る必要がある模様。
燃焼室?の容量に合わせて薪もかなり小割にした方が良さそう。

…ソロストーブのデカイのほしくなってくるな(笑
庭じゃとても無理だけどー。

ひとしきり燃やして熾火になったら以前の燃えかすも突っ込んで燃え尽きるのを待つだけになった。
したっけヒマじゃん?
んー?

そうだエバニューのアルコールストーブ、さらに低温下での燃焼テストやってみよう!

気温マイナス2℃。
ほぼ無風。
燃料は60ml。
水は340ml。
水を入れたときの水温7℃。

…ん?マイナス2℃?!
俺もアホだな(笑
イージス着てるから平気だけどー。

ともあれ点火!

そういや暗いときにこれ使うの初めてかも?
青い炎が揺らめいてきれいだな。

なんて思ったのもちょっとだけで、あっという間に最大火力!
意外と火がケトルを覆うように廻ってたんだな。
知らんかった。というより明るい時は見えなかった。

ほんでなんということもなくあっさりやっぱり4分半で沸きました!
これがパワープレートの威力なのか?
エバニューのアルスト素晴らしい!!!

せっかく沸かしたのでいただきまーす!

いやー遊んだ遊んだ!
楽しかった♪

うん。
ランタンはやっぱりこっちの方がいいなや。
でもこれ持ち出すにはちと大きい…。
…小さいの欲しいな。

なんかいきなり物欲復活したな(笑

タイトルとURLをコピーしました