深夜徘徊したい

与太話

中二病をひどく拗らせた頃、月夜に深夜徘徊するのがひどく心地よかった。

どうしようもない衝動にかられて国道をひたすらチャリで走って走って走って。

満月にかかる雲、遠くどこからか響く風の音、国道を走る車のヘッドライト。

あー。

まだ治ってないな中二病。

あー。

深夜徘徊したいなあ。

スティングとか聴きながら走りたいなあ。

タイトルとURLをコピーしました