与太話

俺は信じる

提示できる根拠はないけど確信。 「宇宙人は存在する。」 そりゃ当たり前か。そうじゃないと地球上の生命はなんなんだって話。 あと神様とか仏様とか幽霊とかそういった何か。 神様とか仏様とか幽霊とか虫の知らせとか第六感とかインテリジェントデザインとか、そういった人知を超える現象というか存在は、結局人間がいろいろな理由で何やらその時その時に無理くり定義しただけで… 自分的に...

この冬は

まあまあ雪降ったけど、すぐに溶けて残らない。 前は一度降ると屋根に積もった雪がすこーしずつ溶けてまた凍ってを繰り返して、軒先に厚い氷が出来たりしてたんだけどな。 その辺の地面も春まで溶けない寝雪的なのもあったんだけど… やっぱ確実に温暖化進んでるな。 てゆか太陽が近づいてる気がするんだけどな。 な。 なー。

揺れた

うわ…なんか地震きたな…あれ…なんか縦波長いぞ…うう…なんかこれ嫌な感じ…ってスマホがブイブイ言い出したあああああ揺れがあああああうおおおおおおおおでけええええええええこええええええええええ!!!!!!! ああ…ビビった… まさかのあれから10年って頃合いにまた来やがった。 …落ち着いたらなんか腹が立ってきた。 揺れてんじゃねえぞ!マジで!こっちは超ビビりなんだからな!ま...

深夜徘徊したい

中二病をひどく拗らせた頃、月夜に深夜徘徊するのがひどく心地よかった。 どうしようもない衝動にかられて国道をひたすらチャリで走って走って走って。 満月にかかる雲、遠くどこからか響く風の音、国道を走る車のヘッドライト。 あー。 まだ治ってないな中二病。 あー。 深夜徘徊したいなあ。 スティングとか聴きながら走りたいなあ。

火遊び楽しい

仕事から帰ってきたら…それはそれはもう凪。 ああ!もう!!ガマンできない!!! 仕事着だけ脱いだら風呂にも入らずキャンプセットとつまみと酒を裏庭の火遊びコーナーに持ち出してすかさず点火!! なんかすんごくいい雰囲気な音楽を聴きながらぼんやりと独りの時間に浸る。 あー。これこれ。 たまにはこういう時間が必要なんだと思う。 (晴れ/気温10...

意外と居心地良かった

前回、裏庭に火遊びコーナーを陣取ってみたんだけど…。 何しろ急ごしらえだったから、水平が出てなくてテーブルのカップが滑ってきたり、チェアやテーブルの足が土まみれになったり…。 外出自粛中ということもあるので、テキトーに水平見つつ整地してその辺に転がってたレンガだのを敷いてみた。 ここにテーブルだのチェアだのいろいろ並べるとこんな感じになる。 あらいやだ。思...

さらに薪大量ゲット

伐採の端材をもらった!なんとこれでもまだ半分!これ以上は車に入らないので後で回収!これで気兼ねなく燃やせるぜ!!

庭でちんまりと火遊び

今日はまさかの午前中いっぱいの締め切りになってしまった仕事をどうにか終わらせるべくゾーンに入って驚異的な集中力とせかせか早歩きと焦ってイライラする気持ちを大丈夫だ落ち着けと言い聞かせる力強い独り言を発揮してどうにかこうにか無理くり間に合わせた。 3日くらいかけてじっくりやるつもりだったんだけどなー。やっつけ仕事ではないつもりだけど、やり尽くしたかと言うとそうでもない。 …疲れた。 ...

大人のおとぎ話

友人に教えてもらった「おやじキャンプ飯」 1話を見た時点でドハマりした。 なんか観ている時間がすごく大切な時間に思えて、精神状態や邪魔の入らないタイミングを見計らい、どっぷり浸れる時に見るようにしてる。 のでまだ3話目(;´Д`) これがもうどういうわけか不思議となんとなく理由もわからないけどじんわりと涙が出てくる。 なんで? なんでだろう? ステキな時...

若い頃は

今より輪をかけてホントにどうしようもなくアホだったなーと思い出し笑い。 まだ社会人になる前の夏の夜、窓を少し開けてグースカ寝てると夜中の2時に腹を叩かれ起こされる。 「…どっか行くべ」「…行く!」 親にバレないように靴をこっそり持ってきて友達が侵入してきた窓から脱出。バイクをずーっと押して歩いて、家から離れたらエンジンかけて深夜の徘徊♪ あてもなく、目的もなく、ただなんと...
タイトルとURLをコピーしました